NIJI-3
製品一覧> 光照射装置> NIJI-3 波長可変光源

NIJI-3 波長可変光源(紫外光強力タイプ)

一般的なキセノンランプとバンドパスフィルターを組み合わせた照射光源は、装置自体は安価である一方、照射面積を自由に選択出来ないことや照射したい波長を複数選択するために、光学フィルタを何枚も用意する必要があるなどの問題がありました。

NIJI-3波長可変光源は、光源部分を紫外領域強化型に変更し、更に紫外領域に高効率な回折格子を採用することで、従来のNIJI-2に比べ、紫外光強度が約2倍以上になりました。(波長300~400nmにおいて)

波長を選択した紫外光による劣化試験や蛍光測定用の励起光源・紫外光反応など、さまざまな用途に最適です

 カタログ(PDF)

 

特長

 

  • 紫外領域強化型構造の採用で、紫外光強度がNIJI-2の約2倍を達成。

 

  • このクラス最小の設置面積(A4サイズ相当)。PC不要で省スペースです。

 

  • 波長インジケーター搭載で安心設計です。

 

紫外光を強力照射(1mW以上)を達成

 

*波長純度20nm選択時 バンドルファイバΦ3mm 全光束入射時において*

  • 紫外光(300~400nm)を高出力で単色光照射ができます。
  • 照射ヘッドはバンドル光ファイバを採用し、さまざまな用途に合わせて自由な面積で照射できます。

 

ダイヤル操作で、照射波長を自由に選択

 

  • ダイヤルを廻すことで、照射したい波長を0.1nm単位で自由に選択できます。

 

 

構成

 

 

 

仕様

 

 光源

 キセノンランプ150W

 照射波長領域  300~1150nm
 波長純度  5・10・20nm(購入時に1種類選択)
 照射強度  1mW以上 *1
 照射面積  Φ3mm以上 *2
 波長確認  インジケーター
 シャッタ  手動
 光ファイバ  バンドル径Φ3mm光ファイバ 長さ1m

*1 波長純度20nmで波長320nmにおいて

*2 光ファイバ先端とサンプルとの距離で照射面積を変更できます。
 

 

オプション品

 

●Siフォトダイオード検知器
●光ファイバ固定用スタンド

●回折格子

 

外形寸法


●本体:約W211×D295×H301mm



関連製品

 

NIJI-2 波長可変光源

 
  • 紫外・可視・赤外光を1台で照射可能(波長300~1150nm)
  • このクラス最小の設置面積(A4サイズ相当)PC不要で省スペース
  • 波長インジケーター搭載で安心設計

 

SM-5 超モノクロ光源(高出力・光ファイバタイプ)

 
  • 高輝度キセノンランプ+高効率モノクロメータ+高透過率光ファイバーにより、超強力なモノクロ光源を実現
  • 波長可変光源(250~1200nm)として、任意の波長を設定して単色光を照射光ファイバを使用していますのでESRやNMRなどの磁場中への単色光導入や真空チャンバーへの光導入などにもご使用可能

 

SM-25 ハイパーモノライト(10×10mm照射タイプ)

 
  • 高輝度キセノンランプ+高効率モノクロメータ+均一光学ホルダにより、5mW/cm2(@470nm)と高強力なモノクロ光を面で照射可能
  • 均一光学ホルダにより、有効面積10×10mmにおいて面内均一性±5%以内と高均一
  • 波長可変光源(300~1150nm)として、任意の波長の単色光を照射可能

 

DIR-25GT  分散型赤外分光照射装置

  • 波長0.7~14μmの範囲で照射波長を自由に選択が可能
  • ハロゲンランプ光源とセラミックヒータ光源の切換が容易
  • 赤外センサ・赤外レンズ・赤外ファイバーなどあらゆる用途に対応

 

MM-3 多波長照射分光器

 
  • 食品や製剤の光劣化、化学材料の光反応測定に最適な照射分光器
  • 波長220~520nm、400~700nmのそれぞれの波長を多数試料(10mm角セルで最大11個)に同時に照射可能
  • 照射時間が設定出来ますので、各試料(照射波長)の総照射時間がわかり、波長依存性試験が短時間で実現

 

IUV-25CP フォトレジスト用分光照射ユニット

 
  • フォトレジスト材など感光性材料に波長幅約240nmを持った連続光を任意時間照射
  • 光源:Xeランプ DeepUVランプ
  • 照射波長範囲:230~800nm
  • 照射光面積:80×5mm

 

Solarbox  キセノン促進耐候性試験機

 
  • キセノンランプ光を照射し、サンプルの耐光性試験が可能
  • 放射照度コントロール・温度コントロール・浸水システムなど幅広い試験が可能

 

KV-202GDD 真空紫外分光照射システム

  • 波長120~400nm(10.3~3.1eV)の真空紫外単色光照射が可能
  • UPSやXPSなどに接続対応可能