PF-200
製品一覧> 分光器(モノクロメータ) > PF-200 プリズム前置分光器 

PF-200 プリズム前置分光器

分光器(ポリクロメータ)などの入射部に取り付けが可能なプリズム前置分光器

 

 カタログ(PDF)  

 

構成図

①波長換算カウンタ

②高さ絞り

③入射スリット

④ダイヤル

⑤プリズム(交換可能)

⑥出射スリット

 

 

システム構築例

 

 

プリズム・平面ミラー交換

 

 

特長

 

  • 紫外ラマン分光、SFG分光などの測定において、高効率・低迷光な前置分光器です。

 

  • フィルタの代わりにプリズムを採用することにより、1台で多波長の使用ができます。

 

  • フィルタでは対応が出来ない紫外領域の測定やフィルタを複数枚購入するよりも安価にシステムを構築することが可能な点でメリットがあります。

 

  • プリズムは交換可能な構造の為、紫外用・可視用など波長領域に合わせて、高効率な選択が可能です。またプリズムを平面ミラーに交換し、非分散スルー光学系としても使用できます。

 

  • 各種測定用分光器との接続(高さ調整など)もオプションなどで対応します。

 

 

仕様

 

 光学配置   リトロー分散プリズム光学系
 焦点距離  200mm
 口径比  F=6
 分散素子  プリズム
 入出射スリット  幅:0~4mm(両開き対称連続可変・読取り最小目盛0.01mm)
 高さ絞り  連続可変V型絞り 1~10mm
 機械的波長範囲  紫外プリズム:190~400nm
   可視プリズム:360~600nm

 波長表示

 検量線波長変換駆動方式 *直接波長表示ではありません。
 波長駆動  ハンドル手動駆動方式

 

 

標準構成

 

●プリズム前置分光器 本体
●紫外プリズム
●可視プリズム
●高さV型絞り
●取扱説明書


 

回折格子ラインナップ

 

水銀ランプ 輝線スペクトル(波長) カウンタ値

 253.65nm

 253.65

 296.72nm

 283.6

 312.57nm

290.55

 365.02nm

306.5

 404.66nm

314.1

 407.78nm

317.5

435.84nm

318.5

*換算表は参考値です。装置によりカウンタ値は異なります。

 

 

外形寸法


●本体:約W220×D350×H240mm


関連製品

 

M25 モノクロメータ(焦点距離250mm)

  • 波長分解能:0.1nm(半値幅)
  • 波長精度:±0.1nm(順方向より設定)
  • 光学系はF=4.3と明るく、有効面積の広い回折格子を採用

 

M50 モノクロメータ(焦点距離500mm)

  • 波長分解能:0.04nm(半値幅)
  • 波長精度:±0.1nm(順方向より設定)
  • 光学系はF=5.3と明るく、有効面積の広い回折格子を採用

 

M100 モノクロメータ(焦点距離1000mm)

  • 波長分解能:0.01nm(半値幅)
  • 波長精度:±0.1nm(順方向より設定)
  • 光学系はF=8.7と明るく、有効面積の広い回折格子を採用

 

M25-D ダブルモノクロメータ

  • 加分散と零分散の選択が可能

  • ダブルモノクロメータ配置の為、低迷光