モノクロメータ(分光器)

 

分光計器のモノクロメータの光学系は、『非対称型変形ツェルニ・ターナマウント方式』を採用しています。

一般的なツェルニ・ターナマウント方式は、多重回折による迷光が避けられませんが、非対称型変形ツェルニ・ターナマウント方式を採用することにより、この迷光を除去した明るく高分解能なモノクロメータとなります。

 


M10 モノクロメータ(焦点距離100mm)

 

  • 波長分解能:1.0nm(半値幅)
  • 波長精度:±1.0nm(順方向より設定)
  • 回折格子が交換可能なため、200~25µmの広い波長範囲に使用でき、交換取付再現性も良好です。
  • 光学系はF=3.0と明るく、有効面積の広い回折格子を採用しています。

 


M25 モノクロメータ(焦点距離250mm)

 

  • 波長分解能:0.1nm(半値幅)
  • 波長精度:±0.1nm(順方向より設定)
  • 回折格子が交換可能なため、200~25µmの広い波長範囲に使用でき、交換取付再現性も良好です。
  • 光学系はF=4.3と明るく、有効面積の広い回折格子を採用しています。

 


M50 モノクロメータ(焦点距離500mm)

 

  • 波長分解能:0.04nm(半値幅)
  • 波長精度:±0.1nm(順方向より設定)
  • 回折格子が交換可能なため、200~25µmの広い波長範囲に使用でき、交換取付再現性も良好です。
  • 光学系はF=5.3と明るく、有効面積の広い回折格子を採用しています。

 


M100 モノクロメータ(焦点距離1000mm)

 

  • 波長分解能:0.01nm(半値幅)
  • 波長精度:±0.1nm(順方向より設定)
  • 回折格子が交換可能なため、200~25µmの広い波長範囲に使用でき、交換取付再現性も良好です。
  • 光学系はF=8.7と明るく、有効面積の広い回折格子を採用しています。

 


M25-D ダブルモノクロメータ

 

  • 加分散と零分散の選択が可能です。
  • ダブルモノクロメータ配置の為、低迷光です。


 

 

モノクロメータ オプション品

 


BMS-25C 波長スキャナ

 

  • M10、M25モノクロメータの自動波長駆動装置です。
  • GP-IBインターフェースを内蔵しており、パソコンと接続してモノクロメータの波長駆動を行うことができます。

 


回折格子(グレーティング)

 

  • 各種モノクロメータ用の回折格子(グレーティング)です。
  • 用途に合わせて、各種刻線本数およびブレーズ波長をご用意しております。