ポリクロメータ(マルチチャンネル用分光器)

 

CCD、CMOS、InGaAs等のマルチチャンネル検出器を有効に使用して測定するため、光学系の収差を極限まで減らした分光器です。検出器の受光面全面において空間分解能が高いため、下記の用途でご使用頂けます。

 

 

用途

参考資料: MK-300によるイメージング分光測定(7インチLCD液晶画面)

 

 多点同時分光スペクトル測定

観察画像の分光スペクトル測定 

複数試料や複数個所の発光をバンドル光ファイバ等で 1台の分光器に導入し、同時に分光スペクトル測定が行えます。

顕微鏡やカメラレンズ等により観察される画像を分光器に導入し、各箇所の分光スペクトル測定が行えます。

内部に平面鏡導入機構(オプション)を設置することにより、1つのCCDで観察と分光測定を切り替えることが出来ます。

 

 

カメラレンズ分光器ラインナップ表

型番名 CLP-50*1 CLP-100 CLP-200 CLP-300 CLP-400 CLP-105UV CLP-75IR CLP-100IR

波長領域(nm)

400~700

400~700

400~700

400~700

400~700

220~900

900~1700

900~1700

焦点距離(mm)

50

100

200

300

400

105

75

100

F値

F/2.5 *2

F/2

F/2.8

F/2.8

F/2.8

F/4.5

F/2

F/2

逆線分散

30nm/mm

7nm/mm

3.5nm/mm

2.4nm/mm

1.7nm/mm

7.3nm/mm

17.8nm/mm

13.3nm/mm

光学系

レンズ

 レンズ

レンズ

レンズ

レンズ

レンズ

レンズ

レンズ

*1. CLP-50は顕微鏡接続専用

*2. 顕微鏡対物レンズ×100倍を想定

※逆線分散は1200本/mm回折格子を使用した場合の数値です。(但し、CLP-50、CLP-75IR、CLP-100IRは600本/mm)

※同時測定波長範囲などは使用するCCDなどにより異なります。ご相談ください。

 

 


MK-300 イメージング分光器(スタンダードタイプ)

 

  • 新設計光学系採用の本格ポリクロメータです。
  • 非点収差を極限まで減らし、波長両端で発生していた解像度低下を大幅に改善しました。
  • 回折格子は最大3枚を搭載でき、コンピュータから自由に選択が出来ます。
  • リーズナブルな回折格子1枚型(MK-301)と波長駆動手動タイプ(MK-302)もラインナップしております。

EMDP-100  エシェル分光システム

 

  • 高分解能かつ広帯域を同時に測定できる新手法の分光器です。
  • LIBSなどの測定に最適です。

 


CLP-400 カメラレンズ分光器(可視用高感度タイプ)

特許 第4883549号 取得

 

  • 微弱光測定・多点分光測定に最適です。
  • F=2.8のカメラレンズを使用した低収差で明るい分光器です。
  • カメラレンズを使用している為、可視光領域専用ですが一般的なミラー光学系に比べ、明るく空間分解能な分光器です。
  • 焦点距離100mm・200mm・300mmタイプや近赤外領域タイプもラインナップしております。

 


CLP-50  顕微鏡接続用イメージング分光器(画像分光測定タイプ)

 

  • 観察画像の分光測定に最適です。
  • 倒立顕微鏡のCマウントに直接接続することにより、試料の画像測定とライン分光測定を1台で行うことが出来ます。

 


CLP-105UV  紫外用イメージング分光器

 

  • 波長220~900nmにおいて、空間分解能に優れたイメージング分光器です。
  • 紫外線撮影用カメラレンズを使用していますので、プラズマ・燃焼・放電などの測定に最適です。
  • 画像観察用に平面鏡を搭載し、画像確認とスペクトル測定を瞬時に切り換えが可能です。
  • オプションで回折格子は最大3枚搭載可能です。