BIR-50
製品一覧> 太陽電池評価> BIR-50 太陽電池耐光性試験システム

BIR-50 太陽電池耐光性試験システム(恒温器タイプ 50×50mm照射)

従来の耐光試験装置は太陽電池専用では無い為、キセノンランプやメタルハライドランプ等を使用した場合、照射光の精度が十分ではなく以下の3点が問題視されていました。


1.スペクトルミスマッチの影響(太陽光との強度差による紫外線劣化や赤外線劣化の影響)
2.照射光ムラの影響(複数試料を設置にした場合、個々試料部の光量の違いによる影響)
3.照射時間の影響(測定開始前と測定終了後の光照射強度の変化による影響)

そこで “BIR-50 太陽電池用耐光性試験システム” は、従来のソーラシミュレータ□50mm(AAAクラス)と温度調整用恒温器を組み合わせすることにより、より正確に太陽電池の光劣化試験および温度劣化試験を行うことができるようになりました。また恒温器庫内にはBNCコネクタを搭載し、I-V測定も可能です。

 カタログ(PDF)

 

特長

 

 

  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータと温度調整用恒温器を組み合わせることにより、より正確に太陽電池の光劣化試験および温度劣化試験を行うことが出来ます。

 

  • 温度は20~90℃の範囲で設定が可能です。

 

  • リアルタイムで照射光をモニタし、フィードバックを行っていますので長時間照射による光強度安定性に優れています。

 

  • 各種フィルタ搭載による波長劣化試験も可能です。

 

 

内部モニタ検知器で光量フィードバック

光学系の内部にモニタ検知器を搭載しています。照射光強度をモニタし、キセノン電源へフィードバックすることで、光量を一定に保ちます。

 

 

温度雰囲気下でのI-V測定

恒温器内と外にBNCコネクタを内蔵

温度雰囲気下でI-V測定が可能

 

 

 

光照射中も試料の確認

光照射中に試料の観察したい時、恒温器の扉を開けてしまうと温度制御ができません。

そこで観察窓により恒温器内の設定温度を保ったまま、試料観察ができます。

 

 

フィルタホルダを搭載

 

光学系にはフィルタホルダを搭載し、最大4枚を同時に使用できます。

NDフィルタを使用した減光時の光劣化や、カラーフィルタを使用した波長別の光劣化なども可能です。(NDフィルタ・カラーフィルタはオプション)

 

 

仕様

 

 照射強度  100mW/cm2  (1SUN)以上
 照射面積  50×50mm  (実際の照射面積は約75×75mm)
 スペクトル合致度  0.75~1.25  (JIS C8912・C8933 クラスA)
 面内均一性  ±2%以内   (JIS C8912・C8933 クラスA)
 光強度安定性  ±1%以内   (JIS C8912・C8933 クラスA)
 温度制御範囲  20~90℃
 温度精度  ±1℃以内(25℃~60℃は±0.5℃以内)
 湿度測定範囲

 0~100%RH *湿度制御は不可*

 湿度精度

 I-V測定ソフトウェア(短絡電流密度、開放電圧、最大出力、最大出力動作電圧、

 最大出力動作電流、曲線因子、変換効率、直列抵抗、並列抵抗)

 

 

オプション品

 

●カラーフィルタ
●NDフィルタ

●各種試料台

 

 

外形寸法


●電源:AC100V±10V 50/60Hz 15A
●本体:W1000×D620×H700mm

 


関連製品

 

BLD-100 屋内光評価用LED光源

 
  • 有機太陽電池の屋内光用途での性能評価をする為のLED光源
  • 色温度5000K相当の昼白色LED光源で、有効照射面積50×50mmを達成
  • 低照度(200lx)と高照度(1000lx)を発光面の高さを変えること無く、照度可変が可能

 

MOS-100 光量可変ソーラシミュレータ

 
  • 太陽光の2倍にあたる2SUNから太陽光の10000分の1にあたる0.0001SUNまで照射出来、太陽電池の光量依存性に最適
  • 1SUN照射時において、JIS C8912/8933クラスAのスペクトル合致度を達成
  • JIS C8913/8934に基づいた直列抵抗を求めることが可能

 

OTENTO-SUNⅡ ソーラシミュレータ(定照度タイプ 20×20mm照射)

 
  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータ
  • リアルタイムで照射光をモニタし、フィードバックにより光強度安定性を向上
  • 標準でフィルタホルダを搭載し、NDフィルタやカラーフィルタなどが使用可能
  • 分光感度測定装置(CEPシリーズ)の白色バイアス光源としても使用可能

 

OTENTO-SUNⅢ ソーラシミュレータ(定電流タイプ 20×20mm照射)

  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータ
  • コストパフォーマンスに優れた装置
  • 出射口は360度可変ができ、垂直照射・水平照射などが可能
  • 分光感度測定装置(SMシリーズ)の光源としても使用可能

 

OTENTO-SUNV ソーラシミュレータ(定電流タイプ 50×50mm照射)

 
  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータ
  • コストパフォーマンスに優れた装置
  • オプションで水平照射にも対応
  • オプションでフィルタホルダを搭載でき、NDフィルタやカラーフィルタなどが使用可能

 

OTENTO-SUNⅥ 高近似ソーラシミュレータ(高精度スペクトル照射 20×20mm照射)

 
  • Xeランプとハロゲンランプによる2光源の高近似ソーラシミュレータ
  • 近赤外領域の輝線を低減したソーラ光を照射可能
  • JIS C8942クラスMA(0.75~1.25)と高スペクトル合致度
  • 従来にはない小面積照射、小型卓上型モデル

 

BS-520BK Si系フォトダイオード検知器(アモルファスシリコン・有機太陽電池用)

  • ソーラシミュレータの光量調整にご使用可能
  • 検知器には1SUN時の電流値を記載しており、光量調整が容易

 

BS-500BK Si系フォトダイオード検知器(結晶シリコン太陽電池用)

  • ソーラシミュレータの光量調整にご使用可能
  • 検知器には1SUN時の電流値を記載しており、光量調整が容易

 

分光感度測定装置用指向性測定ユニット

  • 太陽電池やフォトセンサーの指向性(角度依存性)を測定可能
  • 測定角度は±110°で、最小1°間隔の測定が可能

 

BSR-D100 小型高速波長駆動型ラジオメータ(広帯域スペクトル測定)

  • 低迷光分光器を用いた、波長純度の良い測定が可能
  • 波長範囲は、350~2000nmを実現
  • ダイレクトドライブ方式を採用することで測定時間を短縮