MOS-100
製品一覧> 太陽電池評価> MOS-100 光量可変ソーラシミュレータ

MOS-100 光量可変ソーラシミュレータ

本装置は、光量自動制御型ソーラシミュレータによるI-V測定を可能とした装置です。
ソーラシミュレータは照射光強度を0.01~200mW/cm2に自動調整することが出来ます。
装置制御、データ検出及びデータ処理は、付属のノート型コンピュータにて行われます。

 カタログ(PDF)

 

特長

 

  • 太陽光の2倍にあたる2SUNから太陽光の10000分の1にあたる0.0001SUNまで照射出来、太陽電池の光量依存性測定に最適です。

 

  • 1SUN照射時において、JIS C8912/8933クラスAのスペクトル合致度です。

 

  • JIS C8913/8934に基づいた直列抵抗を求めることが出来ます。

 

  • 照度を変更しながらの電流測定(Isc)や電圧測定(Voc)も可能です。

 

ソフトウェア画面および測定データ

 <測定条件設定画面>

<測定データ画面>

 

仕様

 

 有効照射面積  10×10mm(実質照射面積は14×14mm)
 照射方向  垂直方向
 照射照度  最大200mW/cm2  (可変範囲 0.0001~2SUN AM1.5G)
 放射照度むら  ±2%以内 (JIS C8912・C8933 クラスA)
 放射照度時間変動率  ±1%以内 (JIS C8912・C8933 クラスA)
 スペクトル合致度  0.75~1.25  (JIS C8912・C8933 クラスA)
 シャッタ機構  ソレノイド(ソフトウェアと連動)
 固定式フィルタホルダ

 50×50×t3mm(フィルタを4枚同時搭載可)

 制御方式  一定光量制御方式(測定毎に自動で光量調整を行います。)
 電流計  測定電流 ±10pA~1A 印加電圧 ±20V
 ソフトウェア  光量可変型I-Vソフトウェア

 

 

標準構成

 

●キセノンランプ300W (オゾンレス型)
●キセノンランプ電源
●光量自動可変照射光学系(AM1.5G付)
●電流計
●試料台
●光量調整用検知器
●測定用ワニ口ケーブル
●試料室
●ノート型コンピュータ

 

 

オプション品

 

●SCR-300  ソーラ・テスター(分光放射計)
●各種サンプル試料台

 

外形寸法

 

●電源:AC100V  ±10V  50/60Hz   10A
●本体:約W1250×D620×H1300mm
●重量:約200Kg


関連製品

 

BLD-100 屋内光評価用LED光源

 
  • 有機太陽電池の屋内光用途での性能評価をする為のLED光源
  • 色温度5000K相当の昼白色LED光源で、有効照射面積50×50mmを達成
  • 低照度(200lx)と高照度(1000lx)を発光面の高さを変えること無く、照度可変が可能

 

OTENTO-SUNⅡ ソーラシミュレータ(定照度タイプ 20×20mm照射)

 
  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータ
  • リアルタイムで照射光をモニタし、フィードバックにより光強度安定性を向上
  • 標準でフィルタホルダを搭載し、NDフィルタやカラーフィルタなどが使用可能
  • 分光感度測定装置(CEPシリーズ)の白色バイアス光源としても使用可能

 

OTENTO-SUNⅢ ソーラシミュレータ(定電流タイプ 20×20mm照射)

  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータ
  • コストパフォーマンスに優れた装置
  • 出射口は360度可変ができ、垂直照射・水平照射などが可能
  • 分光感度測定装置(SMシリーズ)の光源としても使用可能

 

OTENTO-SUNV ソーラシミュレータ(定電流タイプ 50×50mm照射)

 
  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータ
  • コストパフォーマンスに優れた装置
  • オプションで水平照射にも対応
  • オプションでフィルタホルダを搭載でき、NDフィルタやカラーフィルタなどが使用可能

 

OTENTO-SUNⅥ 高近似ソーラシミュレータ(高精度スペクトル照射 20×20mm照射)

 
  • Xeランプとハロゲンランプによる2光源の高近似ソーラシミュレータ
  • 近赤外領域の輝線を低減したソーラ光を照射可能
  • JIS C8942クラスMA(0.75~1.25)と高スペクトル合致度
  • 従来にはない小面積照射、小型卓上型モデル

 

BIR-50 太陽電池耐光性試験システム(恒温器タイプ 50×50mm照射)

 
  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータと温度調整用恒温器を組み合わせ、正確に太陽電池の光劣化試験および温度劣化試験が可能
  • 温度は20~90℃の範囲で設定が可能
  • リアルタイムで照射光をモニタし、フィードバックにり長時間照射による光強度安定性を向上

 

太陽電池評価アクセサリ

 

BS-520BK Si系フォトダイオード検知器(アモルファスシリコン・有機太陽電池用)

  • ソーラシミュレータの光量調整にご使用可能
  • 検知器には1SUN時の電流値を記載しており、光量調整が容易

 

BS-500BK Si系フォトダイオード検知器(結晶シリコン太陽電池用)

  • ソーラシミュレータの光量調整にご使用可能
  • 検知器には1SUN時の電流値を記載しており、光量調整が容易

 

分光感度測定装置用指向性測定ユニット

  • 太陽電池やフォトセンサーの指向性(角度依存性)を測定可能
  • 測定角度は±110°で、最小1°間隔の測定が可能

 

BSR-D100 小型高速波長駆動型ラジオメータ(広帯域スペクトル測定)

  • 低迷光分光器を用いた、波長純度の良い測定が可能
  • 波長範囲は、350~2000nmを実現
  • ダイレクトドライブ方式を採用することで測定時間を短縮