DB-250
製品一覧> 材料評価(光学)> DB-250 光ファイバー伝送損失測定装置

DB-250 光ファイバー伝送損失測定装置

次世代光ファイバーの伝送損失を測定!!!

 

カットバック法で光ファイバーの分光伝送損失を測定する装置です。損失(dB)、損失係数(dB/km)、傾き係数、カットオフ波長の算出などが専用ソフトウェアで可能です。

光源に重水素ランプとハロゲンランプ、検知器に光電子増倍管とInGaAsフォトダイオードをそれぞれ搭載し、波長200~2500nmと1台の装置で広い波長範囲の測定が可能となりました。

 カタログ(PDF)

 

 

特長

 

  • ロックインアンプ方式により、高感度で広い波長範囲に対応しています。

 

  • 次世代光ファイバーの研究開発や製品評価に最適な装置です。

 

  • 各種光ファイバーコネクタ形状に対応した試料室を製作対応できます。

 

  • 専用ソフトウェアで、損失やカットオフ波長の算出ができます。

 

 

測定イメージ

 

 

光ファイバー設置事例

 

 
 市販のファイバーホルダを試料室に設置した場合の事例です。ファイバーホルダを試料室に設置します。ファイバーが試料室中心のスポンジを通るように設置し、パッチン錠を閉めることで遮光できます。(スポンジはファイバ保護の役割)

 

 

仕様

 

測定方式

カットバック法

測定対象

シングルモードファイバー*1 およびマルチモードファイバー*2

測定項目

損失(dB) 損失係数(dB/km) 傾き係数  カットオフ波長 

波長範囲 200~2500m*1
波長純度 約6nm(分光器スリット幅1mmの場合)
波長正確さ

±0.2nm以内

波長掃印方式 連続またはステップを選択
光源

重水素ランプおよびハロゲンランプ(ソフトウェアにより自動切換)

分光器 広帯域モノクロメータ(ソフトウェアにより自動切換)
検知器 光電子増倍管およびInGaAsフォトダイオード(ソフトウェアにより自動切換)
保存形式 テキスト保存

*1 測定する光ファイバーの透過率によっては測定できない場合があります。

 

標準構成

 

●重水素ランプ光源
●ハロゲンランプ光源
●光源集光光学系(2光源自動切換タイプ)

●広帯域モノクロメータ
●回折格子600本/mm200nmブレーズ

●回折格子600本/mm500nmブレーズ

●回折格子600本/mm1600nmブレーズ

●分光器出射ファイバー入射集光系
●入射側ファイバーホルダ(XYZ調整機構付)

●波長駆動機構
●高次光カットフィルタ切換機構

●チョッパー270Hz

●シャッタ自動機構

●ファイバー出射検知器集光系

●出射側ファイバーホルダ(XYZ調整機構付)
●検知器集光光学系(3検知器自動切換タイプ)

●光電子増倍管

●InGaAsフォトダイオード1(冷却用電源付)

●InGaAsフォトダイオード2(冷却用電源付)

●ロックインアンプ

●光源部架台

●検知器部架台
●インターフェースユニット

●総合コントローラー

●制御用ノートPC

 

 

構成図

 

 

 

 

ユーティリティ

 

●寸法

 ・光源部  :約W1100×D700×H1250mm

 ・検知器部 :約W770×D700×H1200mm


●電源

 ・AC100V ±10V 50/60Hz 10A

 


関連製品

 

NRI-100 赤外分光屈折率計

  • 波長範囲1~14µmにおいて、屈折率(0.0001)の高精度測定が可能
  • 赤外窓・赤外レンズ・カルコゲナイドガラスの屈折率測定に最適
  • サンプル温度による屈折率の変化(dn/dT)にも対応

 

NRI-200 分散型赤外分光評価システム

    

  • 赤外光材料の透過率・反射率・屈折率を1台で測定
  • JIS B7071-1 & JIS B7076に準拠した高精度屈折率測定を実現
  • Si・Ge・ZnSe・KRS-5・カルコゲナイドガラスなどの評価に最適

 

OD-10   高濃度測定用分光光度計

  • 光学濃度OD10までの測定が可能
  • 多層膜フィルタ・高濃度フィルタ・遮光フィルム・高濃度溶液などあらゆる低透過率測定に最適
  • 弊社独自のダブルモノクロメータ配置により、サンプルの多重反射光や装置の迷光を低減

 

ART-25  光学素子測定装置

  • レンズ、板硝子、フィルタ、反射鏡、プリズム等の光学素子の分光透過率及び反射率の測定が可能
  • 波長範囲は標準で350~1100nm、オプションで220~2000nmで対応可能
  • 一般的な分光光度計の反射測定では数種類の固定角度測定しか出来ませんが、本装置では反射率測定時の試料の入射角度は任意角度可変で、反射率測定時の最小入射角度15°(光軸角30°)まで設定可能

 

KV-202 卓上型真空紫外分光光度計

  • 波長120~300nm(真空紫外領域)の透過スペクトル測定が可能
  • 窒素パージ型分光器採用で、高分解&高安定を実現
  • 特殊フィルムや特殊基板などの評価に最適