NRIseries
製品一覧> 材料評価(光学)> NRI series 赤外屈折率計

NRI series 赤外屈折率計

赤外窓・赤外レンズ・カルコゲナイドガラスの屈折率測定

最小偏角法(フラウンホーファ法)に基づいて、プリズム形状のサンプルに任意波長(1~14µm)の単色光を照射し、入射光に対する透過光の角度を計測することでサンプルの屈折率を測定する装置です。
従来の測定法では得られない屈折率精度0.0001を測定が出来ます。赤外窓や赤外レンズに使用されるGe、Si、ZnSe、KRS-5、カルコゲナイドガラスや赤外用光学薄膜の評価に最適です。

 

 カタログ(PDF)

 

特長

 

  • 波長範囲1~14µmにおいて、屈折率(0.0001)の高精度測定が可能です。

 

  • 赤外窓・赤外レンズ・カルコゲナイドガラスの屈折率測定に最適です。

 

  • 温調機能を搭載し、温度による屈折率の違いを測定する事が出来ます。

 

 

仕様

 

 測定方式

 最小偏角法(フラウンホーファ法)
 測定項目

 屈折率、頂角

 ・波長による屈折率の変化(dn/dλ)

 ・サンプル温度による屈折率の変化(dn/dT)

 測定屈折率範囲  1~4
 測定精度  0.0001(1×10-4) 
 測定波長範囲  1~14μm
 照射波長範囲  400nm~20µm*1
 温度制御範囲  -40~80℃*2
 照射光サイズ

 約Φ8mm

 測定機能  頂角測定、最小偏角位置決定、屈折率測定
 測定モード  1点測定、波長依存測定、温度依存測定
 設定項目  測定波長、測定温度、予想屈折率
 保存形式  テキスト保存(CSV形式)

*1 波長14~20µmの測定を行うためには、高次光カットフィルタの追加が必要です。
*2 温調コントローラの設定温度の為、測定サンプルにより異なる場合があります。


標準構成

 

●セラミックヒータ光源
●ハロゲンランプ光源
●ヘリウムランプ(d線 587.56nm)
●光源集光系(高次光自動切換、チョッパ機構、シャッタ自動機構、光源切換)
●分光器および回折格子
●照射光学系
●頂角測定用レーザー
●回転ステージおよびコントローラ
●サンプルホルダ
●温調ステージおよびコントローラ
●ロックインアンプ
●試料室および全体架台
●検出器
●総合コントローラ
●ソフトウェア
●制御コンピュータ

 

 

外形寸法


●電源:AC100V 35A 
●本体:約W1800×D900×H1800mm
      *PCラックおよび突起部を除く*

 


関連製品

 

OD-10   高濃度測定用分光光度計

  • 光学濃度OD10までの測定が可能
  • 多層膜フィルタ・高濃度フィルタ・遮光フィルム・高濃度溶液などあらゆる低透過率測定に最適
  • 弊社独自のダブルモノクロメータ配置により、サンプルの多重反射光や装置の迷光を低減

 

ART-25  光学素子測定装置

  • レンズ、板硝子、フィルタ、反射鏡、プリズム等の光学素子の分光透過率及び反射率の測定が可能
  • 波長範囲は標準で350~1100nm、オプションで220~2000nmで対応可能
  • 一般的な分光光度計の反射測定では数種類の固定角度測定しか出来ませんが、本装置では反射率測定時の試料の入射角度は任意角度可変で、反射率測定時の最小入射角度15°(光軸角30°)まで設定可能

 

KV-202 卓上型真空紫外分光光度計

  • 波長120~300nm(真空紫外領域)の透過スペクトル測定が可能
  • 窒素パージ型分光器採用で、高分解&高安定を実現
  • 特殊フィルムや特殊基板などの評価に最適