太陽電池評価

ソーラシミュレータ

 

キセノンランプとAM1.5Gフィルタの組み合わせにより、疑似太陽光(ソーラシミュレータ光)を照射できます。

各種用途に合わせて、以下の製品をラインナップしております。

 


BLD-100 屋内光評価用LED光源

 

  • 有機太陽電池の屋内光用途での性能評価をする為のLED光源です。
  • 色温度5000K相当の昼白色LED光源で、有効照射面積50×50mmを達成しています。
  • 低照度(200lx)と高照度(1000lx)を発光面の高さを変えること無く、照度可変が可能です。

 


MOS-100  光量可変ソーラシミュレータ

 

  • 太陽光の2倍にあたる2SUNから太陽光の10000分の1にあたる0.0001SUNまで照射出来、太陽電池の光量依存性に最適です。
  • 1SUN照射時において、JIS C8912/8933クラスAのスペクトル合致度です。
  • JIS C8913/8934に基づいた直列抵抗を求めることが出来ます。

 


OTENTO-SUNⅡ ソーラシミュレータ(定照度タイプ 20×20mm照射)

 

  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータです。
  • リアルタイムで照射光をモニタし、フィードバックを行っていますので光強度の安定性に優れています。
  • 標準でフィルタホルダを搭載していますので、NDフィルタやカラーフィルタを使用することが出来ます。
  • 分光感度測定装置(CEPシリーズ)の白色バイアス光源としても使用が出来ます。

 


OTENTO-SUNⅢ ソーラシミュレータ(定電流タイプ 20×20mm照射)

 

  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータです。
  • コストパフォーマンスに優れた装置です。
  • 出射口は360度可変が出来ますので、垂直照射・水平照射などが可能です。
  • 分光感度測定装置(SMシリーズ)の光源としても使用が出来ます。

 


OTENTO-SUNV ソーラシミュレータ(定電流タイプ 50×50mm照射)

 

  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータです。
  • コストパフォーマンスに優れた装置です。
  • オプションで水平照射にも対応できます。
  • オプションでフィルタホルダを搭載でき、NDフィルタやカラーフィルタを使用することが出来ます。

 


高近似ソーラシミュレータ(高精度スペクトル照射 20×20mm照射)

 

  • Xeランプとハロゲンランプによる2光源の高近似ソーラシミュレータです。
  • 近赤外領域の輝線を低減したソーラ光を照射することが出来ます。
  • JIS C8942クラスMA(0.75~1.25)と高スペクトル合致度を誇ります。
  • 従来にはない小面積照射、小型卓上型モデルです。

BIR-50 太陽電池耐光性試験システム(恒温器タイプ 50×50mm照射)

 

  • JIS C8912/8933に準拠したクラスAAAのソーラシミュレータと温度調整用恒温器を組み合わせることにより、より正確に太陽電池の光劣化試験および温度劣化試験を行うことが出来ます。
  • 温度は20~90℃の範囲で設定が可能です。
  • リアルタイムで照射光をモニタし、フィードバックを行っていますので長時間照射による光強度安定性に優れています。


 

 

太陽電池評価アクセサリ


BS-520BK Si系フォトダイオード検知器(アモルファスシリコン・有機太陽電池用)

 

  • ソーラシミュレータの光量調整にご使用頂けます。
  • 検知器には1SUN時の電流値を記載しておりますので、容易に光量調整が可能です。

 


BS-500BK Si系フォトダイオード検知器(結晶シリコン太陽電池用)

 

  • ソーラシミュレータの光量調整にご使用頂けます。
  • 検知器には1SUN時の電流値を記載しておりますので、容易に光量調整が可能です。

 


分光感度測定装置用指向性測定ユニット

 

  • 太陽電池やフォトセンサーの指向性(角度依存性)が測定出来ます。
  • 測定角度は±110°で、最小1°間隔の測定が可能です。

 


BSR-D100 小型高速波長駆動型ラジオメータ(広帯域スペクトル測定)

 

  • 低迷光分光器を用いた、波長純度の良い測定が可能
  • 波長範囲は、350-2000nmを実現
  • ダイレクトドライブ方式を採用することで測定時間を短縮