分光感度測定

1.分光感度測定(CEPシリーズ)

 

波長依存性のない定エネルギー、定フォトンの単色光を照射し、各種太陽電池やフォトダイオードの分光感度特性、量子効率を測定する装置です。弊社独自のリアルタイム光量モニター制御システムにより、照射光量を常時モニターしており、光源の変動の影響を受けない為、測定安定性・測定再現性に優れた定評のある制御システムです。
 
産業技術総合研究所や電気安全環境研究所を初め、数多く納入されています。
日本における太陽電池性能評価用計測器の標準機器の1つとなっています。
 
 

CEP-25RR 分光感度・内部量子効率測定装置 特許第4663155号 取得

 

  • 波長依存性のない定エネルギー、定フォトンの単色光を太陽電池に照射し、各種太陽電池の分光感度特性、量子効率を測定する装置です。(波長範囲300~1700nm)
  • 1台の装置で分光感度及び分光反射率を測定し、内部量子効率(IQE)を求めることができます。
  • 分光感度測定と反射率測定は同一ビームを使用することにより、サンプルの同一面上で測定ができます。
  • 標準で白色バイアス光源を搭載し、疑似太陽光下での分光感度特性とI-V測定が容易に測定が出来ます。

 


CEP-25BX 分光感度測定装置(結晶シリコン・アモルファスシリコン太陽電池用)

 

  • 波長依存性のない定エネルギー、定フォトンの単色光を太陽電池に照射し、各種太陽電池の分光感度特性、量子効率を測定する装置です。(波長範囲300~1200nm)
  • JIS C8915結晶系太陽電池分光感度特性測定方法、JIS C8936アモルファスシリコン太陽電池分光感度特性測定方法に準拠した分光感度測定装置です。
  • 標準で白色バイアス光源を搭載し、疑似太陽光下での分光感度特性とI-V測定が容易に測定が出来ます。

 


CEP-25ML 分光感度測定装置(多接合・化合物半導体太陽電池用)

 

  • 波長依存性のない定エネルギー、定フォトンの単色光を太陽電池に照射し、各種太陽電池の分光感度特性、量子効率を測定する装置です。(波長範囲300~1700nm)
  • JIS C8944多接合太陽電池分光感度特性測定方法に準拠した分光感度測定装置です。
  • 多接合型太陽電池用にカラーバイアス光源を搭載しており、タンデムセル各層の分光感度測定が可能です。

 


CEP-2000 分光感度測定装置(色素増感・有機薄膜太陽電池用)

 
  • 波長依存性のない定エネルギー、定フォトンの単色光を太陽電池に照射し、各種太陽電池の分光感度特性、量子効率を測定する装置です。(波長範囲300~1200nm)
  • シリコンタイプの装置と比べ、大光量の一定エネルギー(最大5mW/cm)と一定フォトン(最大1016photon/cm)により、有機系太陽電池(色素増感・有機薄膜)の評価に最適です。
  • 標準で白色バイアス光源を搭載し、疑似太陽光下での分光感度特性とI-V測定が容易に測定が出来ます。

CEP-M1000 モジュール分光感度測定装置

 

  • モジュールタイプ太陽電池に波長依存性の波長依存性のない定エネルギー、定フォトンの単色光を太陽電池に照射し、各種太陽電池の分光感度特性、量子効率を測定する装置です。(波長範囲300~1200nm)
  • 測定対象セル 1.2×1.6m

CEP-C66  6インチ用分光感度測定装置

 

  • 波長依存性のない定エネルギー、定フォトンの単色光を太陽電池に照射し、各種太陽電池の分光感度特性、量子効率を測定する装置です。(波長範囲300~1200nm)
  • 有効照射面積が160×160mmの為、6インチ太陽電池ウエハーをそのまま測定することができます。
  • オプションでモジュールタイプの太陽電池の測定も可能です。


2.分光応答度(分光感度)測定

 

シリコンフォトダイオードやCCD・CMOSイメージセンサーなどの光電子変換デバイス(光検知器・センサ)の分光応答度(分光感度)の測定に用いられます。低迷光で広帯域波長領域での測定が出来ます。

 


VS-250 センサ分光特性測定システム(コンパクトタイプ)

 

  • フォトダイオードやCCD・CMOSイメージセンサーなどの分光特性評価に最適です。
  • あらゆるセンサに対応可能な波長範囲300~1700nmをカバーしています。
  • 設定したエネルギもしくはフォトン数をソフトウェアで選択するだけで容易に分光特性(分光感度・分光応答度)の測定が可能です。

 


VC-250 センサー分光感度測定システム (高精度タイプ)

 

  • シリコンフォトダイオードをはじめ、光電変換デバイスの分光応答度(分光感度)の測定に用いられます。
  • 最大3桁の単色光の光量可変が可能です。
  • リアルタイムモニタによる光量フィードバック機構により、高安定な定エネルギー・定フォトン照射が可能です、 
  • オプションで、設定波長による単色光I-V測定にも対応しています。


 

3.分光感度測定(SM・BQEシリーズ)

 
リファレンスとして各波長の照射光量を測定し、その光量を基に分光感度(A/W)・量子効率(EQE・IPCE)を自動測定する装置です。
 
  • SM-250  ハイパーモノライトシステム(mW/cm2の単色光照射) 有機太陽電池用
  • BQE-100 小型分光感度測定装置  (µW/cm2の単色光照射) 無機太陽電池用

の主に2種類をラインナップしています。

 


SM-250 ハイパーモノライトシステム(卓上型分光感度測定装置) 有機太陽電池用
 
  • 面内均一性の良い5mW/cm2(@470nm)以上の単色光で有機系太陽電池(色素増感・有機薄膜)の分光感度(A/W)・量子効率(EQE・IPCE)を高精度に測定することが出来ます。
  • 照射光量が強いので有機太陽電池に限らず、微小な太陽電池の分光感度・量子効率測定もS/N良く測定が出来ます。
  • 分光感度スペクトルと基準太陽光の演算により、短絡電流密度(Jsc)を求めることが出来ます。

 


BQE-100 小型分光感度測定装置 無機太陽電池用

 

  • 各種太陽電池の分光感度(A/W)・量子効率(EQE.IPCE)を容易に測定出来ます。
  • 弊社独自の光学系によりコンパクト&低価格を実現しました。
  • 分光感度スペクトルと基準太陽光の演算により、短絡電流密度(Jsc)を求めることが出来ます。

 


RU-60 拡散反射測定ユニット   SM-250用オプション

 

 

  • SM-250に本ユニットを取り付けることで、太陽電池の内部量子効率(IQE)を算出することができます。
  • スポット光(800µm)照射で、微小サンプルも正確に反射率を測定できます。
  • 試料観察モニタ付で測定位置調整が簡単です。