KV-202
製品一覧> 真空紫外測定> KV-202 卓上型真空紫外分光光度計

KV-202 卓上型真空紫外分光光度計

KV-202 卓上型真空紫外分光光度計は、弊社独自の窒素パージタイプの分光器(KV-200)を使用することにより従来の真空対応タイプに比べコンパクト・高分解・高安定性を実現しました。
紫外線を放射する重水素ランプからの光は、集光系を経て分光器に入射され、回折格子で分光され、単色光が取り出されます。取り出された単色光は2光路に分離し、一方は光源の変化を補整するモニター用として検出し、もう一方は試料に照射するセミダブルビーム方式を採用し、高安定な透過率スペクトル測定が可能です。

 カタログ(PDF)  

 

特長

 

  • 波長120~300nm(真空紫外領域)の透過スペクトル測定ができます。

 

  • 窒素パージ型分光器採用で、高分解&高安定を実現しました。

 

  • 特殊フィルムや特殊基板などの評価に最適です。

 

 

測定データ例

   

 

 

仕様

 

 光源  重水素ランプ 30W
 測定波長領域  120~300nm
 測定再現性  ±0.3%T *1
 波長再現性  0.1nm以内
 測定試料の大きさ  最小3×3mm ~  最大12×12mm 
 測定試料の厚み  最小1mm ~ 最大3mm *2
 測定方式  セミダブルビーム方式
 検出器  サリチル酸ソーダ窓付光電子増倍管
 表示の設定

 スケール(縦軸・横軸)、トレース(カーソル移動)、スペクトルの重ね書き、スペクト  ル表示の消去

 データ処理  スムージング、四則演算、1次~3次微分、ピーク処理(ピーク検出・ピーク高さ・ピーク面積・データダンプ)

*1 波長120~300nm 掃引速度60nm/min 100%平坦性として
*2 別途打ち合わせにより形状・測定個数等仕様変更可能


 

 

標準構成

 

●重水素ランプ 30W
●重水素ランプ電源
●KV-200 窒素パージ専用分光器
●試料室(窒素パージ&真空両対応)
●透過測定試料ホルダ
●サリチル酸ソーダ窓付光電子増倍管
●光電子増倍管高圧電源
●コントローラ(波長駆動・フィルタ切換)
●ソフトウェア
●制御コンピュータ
●取扱説明書

 

 

透過測定試料ホルダ

 

 

オプション品

 

●真空ポンプ
●各種試料ホルダ
●各種回折格子
●サリチル酸ソーダ窓板

 

 

外形寸法

 

●本体:約W800×D630×H500mm
●重量:約70Kg
 *コントローラ・制御コンピュータ等を除く

 


関連製品

 

KV-200 極紫外分光器

  • 波長120~300nm(真空紫外領域)のさまざまな分光用途に最適
  • 窒素パージ型分光器採用で、高分解&高安定を実現
  • サインバー機構・波長リニア走査により波長カウンタを搭載

 

ATR-FUV   遠紫外分光装置

  • 波長145~300nm(真空紫外領域)での液体の透過スペクトル測定が可能
  • 窒素パージ型分光器採用で、高分解&高安定を実現

 

KV-202GDD 真空紫外分光照射システム

  • 波長120~400nm(10.3~3.1eV)の真空紫外単色光照射が可能
  • UPSやXPSなどに接続対応可能