分光計器株式会社では、透過・反射測定、発光分析、照射分光などのアプリケーションに、豊富なデバイス群(光源・モノクロメータ・検知器・ソフトウェア)を目的に合わせて組み合わせることで、お客様専用の分光測定システムが構築できます。ホームページに掲載している製品は、ほんの一例です。是非、一度ご相談を下さい。

 

 

製品情報

     
       
       

 

新着情報

 

 

 

  • 2013/5/31  ホームページを一部リニューアルしました。

 

展示会情報

 

 

  • 現在のところ、出展予定の展示会はございません。

 

   

注目製品ピックアップ

NEW< IM-50 イメージング分光顕微鏡

従来の顕微鏡に分光スペクトル取得機能を搭載したまったく新しい顕微鏡です。サンプルの1軸方向をスキャンし、専用に開発した分光器とCCDで画像取得を行うことで、顕微画像における分光測定と分光画像の取得が出来ます。

NEWSolarbox キセノン促進耐候性試験機 >

キセノンランプ光を照射し、サンプルの耐光性試験が行えます。放射照度コントロール・温度コントロール・浸水システムなど幅広い試験が可能です。

<  NIJI-2  波長可変光源 >

紫外・可視・赤外光を1台で照射可能です。(300~1150nm)波長ダイヤルを廻すことで、照射したい波長を自由に選択出来ます。

NEW NIJI-3 波長可変光源 >

紫外光を強力に光照射することに特化した波長可変光源です。波長320nmにおいて、最大1mWを照射することが出来ます。

< VC-250  センサー分光感度測定システム>

CCD・CMOSイメージセンサーやフォトダイオードなど光電変換デバイスの分光感度特性を測定する装置です。

< MOS-100  光量可変ソーラシミュレータ>

パソコンより照射光強度を0.01~200mW/cm2に自動調整し、I-V測定を行うことが出来るソーラシミュレータです。

< 真空紫外分光光度計 >

一般的な分光光度計では酸素の吸収により測定出来なかった200nmよりも短波長域を測定することが出来る分光光度計です。

< イオン化エネルギー測定装置 >

半導体・金属のイオン化エネルギー/仕事関数を測定が出来ます。大気・窒素・真空対応により雰囲気下の測定が可能です。

< レーザー光誘起電流測定装置 >

レーザー光を太陽電池などの試料に照射し、XYステージで移動させることで、光電変換素子の光電流マッピングを行う装置です。

< イメージング分光器 >

新設計の収差補正光学系採用により、CCD検出受光面全域にて空間分解能に優れたイメージング分光器です。