発光分光スペクトル測定

    

ランプ、レーザ、LEDなどの光源及び蛍光などの微弱光の発光分光スペクトルを測定する場合は、試料である発光源を分光器に導入するための集光系、分光器、検出器の構成になる。

 

発光源を導入するために、光ファイバを使用する場合もある。

 

紫外可視光領域では検出器としてマルチチャンネル検出器を使用する場合もある。

 

光学素子(光ファイバ、ミラー、回折格子、フィルタ、検出器など)は、一部を除いて分光特性を有しているので測定したスペクトルは、真のスペクトルカーブではない。

真のスペクトルカーブを得るには発光分光特性が検定されている標準光源あるいは黒体炉などを使用した分光補正が必要となる。